暮らし・生活

共働き夫婦の家事、夫はどれくらい協力してるの?旦那に手伝わせるには?

家事 旦那

共働きの家事と夫の協力について

共働きの家庭なのに、家事に協力しない夫って世の中にどれぐらいいるのでしょうか?

「家事は女性の仕事」なんていう認識は、今や時代錯誤です。現代の社会では、結婚後もフルタイムでバリバリ働いている女性が大勢いますからね。

では、夫も妻も働いている世帯では、家事分担はどのようになっているのでしょうか?

共働き夫婦の家事分担データ

まず、実際のデータなんですが、昔と比べるとこんなに違う!って思いました。

参考にしたのは、こちらのサイトです。

2016年 共働き夫婦の家事分担調査。夫の家事参加はどこまで進んだか?
https://honote.macromill.com/report/20160913/

こちらは2016年に、夫婦ともにフルタイム勤務の世帯を対象とした統計です。
夫婦間の家事分担割合の理想について、夫50%妻50%とする割合が、全体の44.4%でトップです。

これに対し、実際の家事分担割合は、夫10%妻90%が、全体の22.9%でトップでした。

年代別で見てみると、

20代では、夫50%妻50%が全体の21.3%とトップ。
30代になると、夫10%妻90%が全体の23.2%とトップ。
40代では、夫10%妻90%の割合が30代よりも増え全体の26.1%でトップ

となっています。若い年代ほど、家事分担が進んでいるようです。

同じ条件で、翌2017年に実施したこちらの統計では、

2017年 共働き夫婦の家事分担調査。夫の家事分担率は平均30%
https://honote.macromill.com/report/20171024/

分担割合の理想が、夫50%妻50%で全体の36.7%と、
前年より減少したものの依然トップでした。

対して、実際の分担割合は、夫10%妻90%が24.0%と、
こちらは前年よりもやや増加していました。

過半数の家庭は奥さんが家事の中心

実際の分担状況について伺ったところ、
「妻がほとんどの家事を担っている」が29.7%。

次いで、
「妻が主に家事を担っているが、夫も少し分担している」が
36.3%となっています。

過半数の66%の家庭で、
妻が主に家事を担っているという結果になりました。

また、夫婦のみの世帯と子ども有りの世帯、
妻がパート勤務の場合、など
条件が異なると割合も変わってくるようです。

共働きで妻も夫も家事ができない…そんな時は話し合ってみよう!

家事分担については、夫婦間のケンカの原因になりやすいので
お互いによく話し合うことが大切になります。

例えば、
「どちらも多忙で時間が無い」という場合。
平日に時間が取れなければ、
休日に分担してまとめてやるのも良いでしょう。
隙間時間に出来ることだけをするのでも、結構違ってきます。

もし経済的に余裕があるようなら、家事代行を頼んでみたり、
どちらかの両親にお願いするという選択肢もあります。

最近はネットで気軽にお願いできる家事代行サービスも増えていて、
気になる部分だけ、不得意な家事だけ依頼することも可能です。

家事代行・便利家電など上手に利用する

家電 便利

「どちらも家事が苦手」という場合。

今は優れた家電製品が豊富に揃っていますので、
家電製品に頼ってしまうのも一つの方法です。

料理が苦手なら、外食やスーパーのお惣菜を活用したり
宅配サービスを活用するのも良いでしょう。

また本来は、
時間が空いた時に出来るほうがやれば良いのでしょうが、
「夫が家事をやらないので妻の負担が大きくなっている状況」も、
大きなトラブルの原因になります。

夫婦で仕事をしている以上、どちらかに比重が偏るのは
決してフェアじゃないように感じます。

やることの分担をハッキリさせてしまう

家事を分担する

このような場合は、
「料理は妻」「後片付けは夫」というように、
はっきりと役割分担を決めてしまうのが良いかもしれません。

日毎・週毎などで分担表を作成して見えるところに貼っておく、
今日の分を終わらせたらチェックを入れるようにする、など
目に見えるようにしておくと効果的でしょう。

逆に、分担しない妥協も必要

家事 夫婦
思い切って分担しない、という手もあります。

家庭の形はそれぞれですので、
家事分担に対してお互いにストレスを感じているようであれば、
妻か夫のどちらかが全てを担ってしまう、というのも
結果的に良い方向に向かうかもしれません。

無理をしたところで決して長続きはしませんので、
全てを完璧にやろうとは思わないで、
手を抜けるところは抜くことも大事ではないでしょうか。

お互いに協力し合おう

大切なのは、2人がお互いに気持ち良く生活できることです。

「親しき仲にも礼儀あり」とはよく言いますが、お互いに「ありがとう」の気持ちを忘れずに、協力し合って日々を過ごしていきたいですね。